寅さん50周年50回目の映画を見てきました。

人気ブログランキング

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3往復は、見ていますね

 

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。ある時何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、速足で、土手沿いまで

駆けていました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している最中でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

バッチリ良いシーンが撮れましたよ!

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、急きょ変更、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つデビュー駆け出しの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

目が潤むシーンが、何度もありました。

渥美清さんは、亡くなりましたが、寅さんは、永遠にファンの

心に愛され続けるのでしょうね!

http://人気ブログランキング

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3往復は、見ていますね!

最初に応援ポチお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。ある時何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、速足で、土手沿いまで

駆けていました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している最中でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

バッチリ良いシーンが撮れましたよ!

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、急きょ変更、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つデビュー駆け出しの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

目が潤むシーンが、何度もありました。

渥美清さんは、亡くなりましたが、寅さんは、永遠にファンの

心に愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!

マグロに賭けた男たち 2020 天国と地獄

マグロを釣り上げた所

毎年正月過ぎていつも楽しみにしている番組があります。

最初に応援ポチお願いします。
人気ブログランキング

大間のマグロの一本釣りで、色々な釣り名人が、出てきますね!
そんな中3年間釣れなかった悲運の漁師 山本秀勝さん(66歳)のお話が
凄く興味があります。

山本さんのプロフィール


47歳で、離婚し、二人の息子を育てます。家賃3000円の町営住宅に
住んでいました。やがて両親が、亡くなり、実家の方に住むようになります。
子供たちも成長し、今は、ピコ太郎というオス猫と暮らしています。

長男は、結婚し3人の子供を授かっていました。一度は、東京に就職して
いましたが、父の秀勝さんに反対されながらも、決意は、固く漁師の道を

選んで、5年になっていました。
次男は、半年前から、家を出て、隣町で、就職しています。

大間のマグロ漁の状況


ここ2年間は、マグロの漁獲量が、かなり激減しているようです。
一本釣りからはえなわ漁法に変えていく傾向があるようです。
しかし、設備投資にかかる費用が、大きいので、かなりの覚悟がいりますね。
獲れば天国、一攫千金、獲れなければ地獄 本当に一発逆転の人生を賭けた男
のロマン、生き様が、垣間見えるドラマに皆さんが、注目するのでしょうね!

マグロの魚影を追いかけ、食いついた時


海鳥が、集まる下に魚影が、確認できます。マグロが、食いついて20分~60分
の格闘が、始まります。

つなぎ目25mの所で、電気ショッカーを投入して
マグロを失神させます。だんだんと船に近づき大きなマグロの魚影が

見えてきます。
ここからの格闘が、まだ残されています。
マグロは、逃げる為必死で、船底に潜り込みます。
そうすると糸と船べりが、擦れて糸が切れてします危険があります。
山本さんもつい先日それで、獲り逃がしてしまいました。
私からの提案ですが、糸の擦れを少しでもなくすために、船べりに厚めの

ゴム板を 貼り付けてみては、いかがでしょうか!
効果が、あると思いますが、いかがですかね!

山本秀勝さんの父の教え


「今日ダメだったら、明日行って獲ってくる。又明日ダメなら
次の日漁をして歩いていればいつか当たるかもしれない」

ねばり強く諦めないで、続けていれば、必ず日の目をみるという事ですかね!

2005年当時は、まだ電気ショッカーが、普及してなかったのですね。
マグロが、獲れるとその背びれをとって山本さんが、父親に見せるシーンが
ありました。父親は、涙を浮かべ、息子の秀勝さんの事を気にかけて
いました。
第7喜代丸に乗る山本さんも漁師人生50年になるんですね!

大物を釣るチャンス


4日前に獲り逃したマグロ、なんとしても100キロ超えマグロを釣りたい!
えさを活きのいいフクラギ(はまち)に変えて針をがっちりマグロに食い込ませる。
絶対に釣り上げて見せると強く念じます。
「やった!食いついたぞ!」そして慎重に、慎重に!
マグロが、激しく逃げ回ります。「マグロよ!勝負だ!」
ありったけの力で、懸命に糸を引きます。このマグロただものではない。
「でかい!」次第に腕の力がなくなっていく。
100キロ超えの大物なら3年ぶりだ!
又先日と同じように船底に 擦れないように船から放し
電気ショッカーを投入、スイッチをいれるも効き目がなし

どうしたことか?


ここであきらめるわけにいかない。
天国のおやじ力を貸してくれ!
格闘25分 巨大マグロを釣り上げた。満面の笑みが、こぼれる山本さん
159キロ 今日釣り上げた3本の中で一番の大物(一本釣り)

山本さんの人生が、好転していく!


2人の息子を育て、不運が続いた山本さんにも明るい兆しが射して
来ているようです。長男のたけしさんも漁師になり5年、そこそこ
マグロが獲れるようになり、3人の子供の親としての自覚も生まれ
家族のために一生懸命頑張っています。


山本さんとしては、寂しかった家庭が、今では、孫もできて、
凄く朗らかになった山本さん、これからも健康で、マグロ漁に
励み、息子たち家族と満面の笑みがつづく家庭をつくってほしいと
思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ItTXpkQV_J4

どんど焼きに行ってきました。

おはようございます。
最初に応援ポチお願いします。
人気ブログランキング

今日は、どんど焼きの日です。
今年 私の北浦地区では、1月12日 日曜日
に午前8時からありました。地域によってそれぞれ日程に
違いは、あります。

さてどんど焼きって何の事?

昔は、小正月 1月15日 成人の日に
決まっていました。
昨年までのお札、お守り、お正月に飾ったしめ縄、門松
松お飾りなどをまとめて火をつけて燃やす年中行事
火祭りを意味します。


ここで焼いたお餅などを食べることで、無病息災
五穀豊穣、家内安全、商売繫盛、子孫繁栄、厄払いなど
を願うと言った意味のある重要なお正月の行事です。


火をつけて燃やし、その灰を家に持ち帰り、家の周りに
巻いて置くと魔よけになると昔から言われています。

私の子供の頃は、各自で、めいめいにしていました。
海の近く、家の近くで、燃やししていました。
今から30年ぐらい前から、近くの神社⛩にお詣りして、
そこで、みんなが、集まり、燃やすような習慣になりました。

その年の41歳になる人達が、お世話します。

お神酒が、出て、ぜんざいとお餅を提供してくれます。
因みに、ぜんざいは、私の義理の弟が、無償で、奉納して
います。
妻の父親が、存命の時から、続けていますから、
もう40年は、続けていると思います。

久々に会う知り合いと話す楽しみがあるのもどんど焼きの
いい所ですね!
今回も色々な人とお話しして帰りました。

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。