寅さん50周年50回目の映画を見てきました。

人気ブログランキング

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3往復は、見ていますね

 

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。ある時何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、速足で、土手沿いまで

駆けていました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している最中でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

バッチリ良いシーンが撮れましたよ!

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、急きょ変更、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つデビュー駆け出しの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

目が潤むシーンが、何度もありました。

渥美清さんは、亡くなりましたが、寅さんは、永遠にファンの

心に愛され続けるのでしょうね!

http://人気ブログランキング

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3往復は、見ていますね!

最初に応援ポチお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。ある時何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、速足で、土手沿いまで

駆けていました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している最中でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

バッチリ良いシーンが撮れましたよ!

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、急きょ変更、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つデビュー駆け出しの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

目が潤むシーンが、何度もありました。

渥美清さんは、亡くなりましたが、寅さんは、永遠にファンの

心に愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!

私は、昔から、寅さんファンで、正月、お盆の時期になると、必ず

見ていました。今までの作品は、全作3回は、見ていますね!

 

憧れの寅さん

 

私は、子供の頃から、「男は、つらいよ!」をよく見ていました。

学生の時東京に、出て、10年間過ごしましたが、そのうち柴又に

3年半住んだことがあります。帝釈天から、徒歩7分の所にアパートを

借りて住んでいました。いつかは、寅さんに会えるかもという期待を

込めていつも過ごしていました。

 

ついに寅さんに会えました!

 
 

私の念願が、叶いました。ときどき帝釈天まで、散歩する習慣が

ありました。いつも何故か、カメラを持参していつも通り帝釈天に

近づいていくと、黄色いワンピースの人が、遠くからでも目立ち

ました。誰だろう?なんと浅岡ルリ子さんでは、ありませんか!

すぐカメラシャッターを切りました。

もしかしたら、土手沿いで、寅さんが、撮影しているかもしれない。

私の気持ちは、期待で高鳴り、いつの間にか、足が速足になって

いました。私の勘は、間違っていませんでした。

寅さんが、土手沿いで、周りのスタッフに囲まれて歩いている

シーンを撮影している所でした。私は、心の中で、やった~と

叫びながら、カメラシャッターを押し続けていました。

良いシーンが撮れました。

 

いよいよ念願の50周年企画寅さん、お帰りなさい。

 
 

予定では、16時10分からの上映に間に合うように法事を終えて

帰ってきたのですが、娘の体調が、悪く本来は、家族3人で

見る予定でしたが、娘の体調が治まった時点で

福祉園に預けて、妻と二人で、20時30分から見る事

になりました。

 

 

最初のシーン

 

満男は、昔好きだった彼女 泉ちゃんと砂浜で遊んでいるシーン

から始まります。満男は、うなされながら、夢をみていたのです。

目が覚めた時、高校生の娘を持つ駆け出しデビューの作家

であり父親としての自分に気づきます。

サラリーマンでなく、売れない作家から、少し注目される作家に

なったようですね。

昔懐かしいシーンと現在を行き来しながら、ドラマは、展開して

いきます。さくらさん、年をとりましたね!昔の顔を見ると

本当に可愛いです。

タコ社長の娘 明美ちゃん、相変わらずデリカシーがないです!

満男の奥さん、ひとみさんは、6年前に亡くなっていたんですね!

ということで、7回忌法要をするシーンがでてきます。

 

 

偶然泉ちゃんと出会う

 
 

作家デビューして少し有名になった満男は、スタッフの勧めで

サイン会を開きます。先着100名様に本を購入した人にサインを

するのですが、そこに泉ちゃんが、偶然現れてサインを

してもらうシーンがあります。

久しぶりの再会に満男は、目が点になります。

 

泉の父親に会う

 

介護施設に入所している先の短い泉の父親に離婚した母、泉を

満男が、連れいていきます。

父親としての泉に対するプライドが、高く、一万円を

娘の泉に渡すのですが、これが、後程、満男の方にとばっちりと

なります。

泉の父親は、娘が、部屋を出た時、満男に2万円せびります。

その時の満男の顔の表情、演技が、上手い!

寅さんは、たくさんのマドンナとの絡みのシーンが、でてきて

懐かしかったですね。私は、吉永小百合さんが一押しですね!

いまでも変わらず綺麗ですね!

 

まとめ

 
 

寅さんファンとしては、久しぶりに寅さんに会えて本当に

嬉しかったですね!

9目が潤むシーンが、何度もありました。

永遠に寅さんは、愛され続けるのでしょうね!