驚愕!ギリシャのエビア島に口笛で会話する村人発見!

 

こんにちは、健康と若さが、モットーのトンチーです。

最初に応援ポチお願いします。


Facebookランキング

先日 所さんの番組「笑ってこらえて!」を見ていて驚いた事が、

ありました。

エーゲ海に面したギリシャのエビア島にあるアンティア村を

ディレクターが、おとづれた時の模様です。

その村では、2500年もの間、敵に気づかれないように

鳥のさえずりのような口笛で会話をしてきたという。


(なんとも不思議!)

村長と村人たちの不思議なやりとり

村長が、遠くにいる人に「日本人がいるからおいで!」と呼びかける

となんと3人の村人が、口笛で、何かやり取りをするように

現れました。

村人の一人が、口笛で、他の人々に「拍手をしてください」と

伝えると本当に拍手が返ってきました。

なんとも不思議ですね。

村長が、食堂のおばちゃんを口笛で呼ぶとにっこり笑って

現れました。

別の男性が、おばちゃんにお酒を注文し、追加で、ジュースも

お願いと口笛で注文するとみごとにすべて

用意してくれるではないですか?
(これはすごい!)

普通の会話以上にかなり遠くまで伝わる口笛

本当に会話が、口笛でつながっているんですね。素晴らしい!

普通の声で話す時の音の周波が、違うため谷を挟んだ4㌔先まで

はっきり聞き取ることができるそうです。

ギリシャ語をすべて口笛の発音に置き換えてコミュニケーションが

できるのは、唯一ここだけだそうです。

この貴重な文化が、発見されたきっかけ

1969年にアンティアの近くで飛行機墜落事故があり行方不明者の

捜索隊の人が、偶然奇妙な鳥の声を聴いてわかったそうです。

今では、この口笛で会話できる人が数人しかいないとの事で

この貴重な文化を絶やすことなく受け継いで欲しいですね!

https://youtu.be/Q5ZMGBz8qgI