夏バテにもってこいの食材 ウナギの効果

こんにちは、健康と若さがモットーのトンチーです。

最初に応援ポチしてもらうと嬉しいです。


全般ランキング

 

暑い夏がやってきましたね!


夏バテ防止=ウナギのイメージがありますが、実は、ウナギの旬は、

秋~冬にかけての「新子ウナギ」が出回る時期なのです。

普通、天然ウナギですと3~5年かけて成長します。

養殖ウナギは、1年ほどで、成長し、その中でもひと際デカい

若いウナギを新子ウナギと呼びます。

皮も柔らかく身も脂がのり、小骨が少なく美味しいウナギです。

close-up of anguilla

では、なぜ夏に食べるイメージがあるのでしょうか?

諸説あるのですが、江戸時代、あるウナギ屋の売れ行きが、悪く

どうしたものかと悩んでいたところ、科学者の平賀源内の発案で

土用の丑の日に「う」のつくものを食べると夏負けしないと助言され

店頭に「本日丑の日」と張り紙をし、大当たりしたのが、はじまりと

言われています。

 


 

ウナギの効用


ウナギには、代謝を促進するビタミンB1

口内炎・角膜炎予防のビタミンB2

目の健康を維持しがんを抑制するビタミンAの含有量が他の魚を

寄せ付けないぐらい多いです。

ウナギ100gで成人の一日に必要な摂取量5000IUがとれます。

また、非常に栄養価が高くコレステロール・中性脂肪などの

血管や血液に関する病の予防にも効果があります。(エイコサペンタエン酸)

脳の働きを良くし痴呆の予防にも効果があります。(ドコサヘキサエン酸)

美肌、老化防止の効果が期待できるビタミンE


una-juu. Eel rice box. Japanese food.

まとめ


ウナギ1尾150gの中に驚くほどの効用がある事がわかりびっくりでしょ!

この暑い夏を乗り切る為、朝食にウナギを食べてみるのもいかがでしょうか?

もともと商売戦略で、始まった丑の日のウナギですが、暑い夏に

とりたい栄養素満点の食材ですね。