無名の企業が、○○する事で、急成長した秘密とは?

こんにちは、旅と歌が大好きなトンチーです。

最初に応援ポチしてもらうと嬉しいです。


Facebookランキング

このお話は、ネットビジネスにも共通するお話ですので、ご紹介します。

全く無名の小さな会社が、創業30年で、世界のトップ企業になった

サクセスストーリーです。

ある飲料メーカーが、たった一つのジュースで160か国以上

世界市場の70%のシェアがあり、2019年の販売実績が、

75億本とは驚きですね!

 

いまでは、コンビニ、スーパーなどで、よく見かける人もいれば、

すでに愛用しているのではないでしょうか?

 

驚くべき実態

 

なんとその会社は、その商品を作っていません。

缶、中身、配送をすべて外注に任せています。

だから、専用の工場ももたないというから驚きですね。

味が、特別良かったのでしょうか?

違います。

成分配合も全部公開しています。

特許もとっていないので、同業他社は、パクリました。

どうなったのでしょうか?

味も全く変わらないにも関わらず

結果は、売れませんでした。


 

では、他社とどこが、違っていた

のでしょうか?

 

普通の会社では、どうすればいい商品ができるかに重点をおいて

研究開発費に投資します。

もちろん、これは、大事な事です。

しかしその会社は、味は、どこもそんなに変わらないから

どうすれば、多くの人に手にとってもらえるか?

どうすれば商品の価値を感じてもらえるか?

どうすれば商品の価値を伝えることができるか?

ということに特化して研究しました。

あのコカ・コーラでさえ、売り上げの10%もかけないのに

なんと30%もここに投資集中したのです。

もうおわかりですね。マーケティングリサーチで、消費者が、

思わず買いたくなるような広告をバンバン打ち出したのです。

他社が真似をできない良いサービスを届けることで、付加価値で

イメージアップを計り消費者に植え付ける事に成功しました。

その飲料メーカーとは、「レッドブル」です。

まとめ

どんな企業もマーケティングリサーチは、重要ですね。

ネットビジネスにも共通しますね。

読んでいる人が、興味がある事、何に関心があるのか?

相手の心にささるような記事をかかないといけませんね。

キーワード選定してどんな年代の人、性別、地域別などをしぼって

記事を書く事で、より読者の心にささる内容になるのです。