UFJがV字回復したわけ

こんにちは、旅とカラオケが大好きなトンチーです。

最初に応援ポチしてもらうと嬉しいです。


Facebookランキング

2001年に誕生したUFJは、初年度1100万人以上の来場者を記録し

華々しくデビューしました。

当時、世界のテーマパークの中では、最速の入場者数で注目を

浴びました。

しかし翌年からは、ずっと下降線をたどっていきました。

2010年には、経営破綻してつぶれるのではという時にUFJの

再建の為に名乗りをあげた人物がいました。

日本を代表するマーケター森岡毅氏です。

森岡氏のとった行動は?

それまで、TVのCMで、昼は、こういう事をしています。

夜は、こんな事をしていてイルミネーションを楽しめます。

と言った説明的なCMを流していました。

まず森岡氏は、クリスマスシーズンの集客に注目します。

彼が、取った行動は、全く違った方法ではありませんでした。

TVのCMを流すという手法は、同じですが、ちょっと見方を

変えただけです。

それまでのCMでは、学生グループ、女性同士、カップルとか

多くの人に届ける方法でしたが、彼は、ターゲットを

「小さな子供をもつお父さん、お母さん」に絞りました。

そして人の感情を動かすようにCMで、アピールしたのです。

たとえば、クリスマスツリーをキラキラとした目で見つめる娘

パパの二の腕をつかんで無邪気に笑いかける

そんな愛しい娘の世界一の笑顔をみて微笑み返す父親

「いつか君が、大きくなってクリスマスの魔法が解けてしまうまでに

あと何回こんなクリスマスが過ごせるかなぁ~」

と切ない親の気持ちを見事に動かした秀逸なメッセージを流します。

すると小さな子供をもつ両親からすれば、グッと心にささる

CMとなります。

わしづかみされているような感覚に陥ります。

まるで、自分の事をいっているように、注目します。

もしあなたが、人混みの中で、「皆さん~」と呼ばれるのと

「高橋さ~ん」と呼ばれるのでは、どちらに注目すると

思いますか?

当然、自分の名前を呼んでもらう方が、関心がありますよね。

その結果は?

クリスマスシーズンとしては、前年度の倍以上の入場者をだし

毎年毎年、右肩あがりの伸びを示しました。

他にもハロイン、ユニバーサルワンダーランド、ハリーポッター

などを企画成功します。

大幅に入場料料金、年間パスポートなどの値段を倍以上に

したにもかかわらず入場者数は、増え続けたのです。

売れている商品は、必ずターゲットが絞られているのです。

多くの人に伝えようと思うほど、その商品の良さが伝わりにくい。

極々身近に感じてもらう為にもターゲットを絞って

感情を動かすような手法を取る事が一番大切ですね。

まとめ

人に関心をもってもらうには、ターゲットを絞って

その人の感情を揺さぶるようなマーケティングをすることが

ユーザーの心にグッと刺さるという事がわかりましたね。