日本の国技相撲は、イスラエルとつながっていた?

こんにちは、ライフデザイナーのトンチーです。
最初に応援ポチしてくれるとうれしいです。


http://bit.ly/2kYu6s9


相撲は、古代イスラエルとつながっていた?

何とも信じがたい話ですが、一つ一つ検証していきたいと


思います。

実は、日本語とヘブライ語(イスラエル語)には、共通した言葉

が、多いという事をきいたことありますか?

相撲は、ヘブライ語では、SheMo(シュモー)彼の名はという意味

です。

旧約聖書によく出てくる言葉で、ヤコブと天使が、相撲を取った時

天使は、ヤコブに次からイスラエルと名乗りなさいといいました。

相撲が、きっかけでイスラエルという国ができたなんて不思議な縁を

感じますね!

ハッケ・ヨイ(HakeH・YoHY)という意味は、ヘブライ語で

投げつけよ!やっつけよ!という意味です。

意味が、不思議と通じていますね!


ノコッタ!ノコッタ!は、投げたぞ!やったぞ!になります。

又塩は、土俵を清める時に使いますが、イスラエルでも同じように

力をもらうため塩で清めるそうです。

土俵の円は、神とつながる場所だそうです。

愛媛県今治市大三島の大山祇神社には、5月と8月に

稲の精霊と戦うひとり相撲が、伝統行事として行われています。

これは、天使とヤコブが、相撲をとることと似ていませんか?

相撲は、重要な神事として長い歴史のなかで古代イスラエルと

つながっていたんですね!

本当に歴史のロマンをかんじますね!

まとめ


日本の相撲のルーツがシルクロードを通して古代イスラエルから

やってきたということは、なんとも不思議な縁をかんじました。