Go To Travelキャンペーンのアンケートでわかった事

こんにちは、旅が好きなトンチーです。

 

応援ポチしてもらうと嬉しいです。


Facebookランキング

 

 

あなたは、Go To Travel キャンペーンをご存知ですか?

国内旅行に限り7月22日から実施する旅費の半額相当を

補助してくれる制度です。最大2万円までとなっています。

このキャンペーンに1兆6794億円の補正予算案を立てています。

2021年3月中旬まで行われる予定です。

補正予算額を超えるようになれば、終了します。

 

Go To Travel キャンペーンの目的

 

感染拡大は、観光需要の低迷や外出の自粛の影響により

地域産業に甚大な被害を与えている。

そこでコロナ感染症の流行収束後に日本国内の人の流れと

街の賑わいを創り出し地域を再活性化する為の需要

感染防止を重視し雇用の維持と事業の継続を最優先に

取り組む。

 

アンケート調査での意識変化

 

先月6月3日~7日に3013名を対象に調査したところ

Go To Travel キャンペーンを利用したいですか?

利用したい    87.5%
未定       11%
利用したくない  1.5%    (トラベルズーの調査)

今日7月14日ヤフーのサイトで、別のアンケート調査が

あったので、私もチェックしてみました。

7月10日~30日までの期間ですからまだ、調査途中ですが、

127950人を対象にしたところ

旅行したくない    74.3%
旅行したい      21%
どちらともいえない  4.7%

全く逆の調査結果になっています。

ちなみに私は、旅行したいに回答しました。(今すぐではない。)

 

旅行したい人の心理状態

 

旅行好きなあなたなら、今でも気分を変えてどこかに旅をしたい

と思っていませんか?

しかし、タイミングが、悪すぎますね。

収束しかけていたコロナ感染が、ここにきて

右肩あがりに増えています。

人の動きも緩和され、PCR検査の数が、3月~5月頃より3倍以上に

なっているからと言われていますが。

いずれにしろ感染者が、あちこちで、うろうろしている状態では、

行きたくてもいけないのが、正直な所ではないでしょうか?

もう少し様子をみて自らの正しい判断をするべきだと思いませんか?

 

責任転嫁は、やめましょう!

どうしてこんな事になってしまったんでしょうか?

 

このままでは、観光業、飲食業、イベント業などあらゆる業種が、

衰退していきます。

どうにかして欲しいという厚い要望に国も苦肉の対策を一刻も

早く取らなくては、ならなかったはずです。

経済をとるかコロナ対策を重視するかと簡単にいいますが、

そんな事わかっているはずです。

同時進行で進めていくのは、当然では、ないですか?

 

国の政策が、悪い、東京都が、悪いと単純に決めつけるのは、

よくないです。

他人のせいにしてもなんの解決にもなりません。

一人一人自ら責任ある行動をしていく事が大切です。

 

アンケート調査で、わかった事

 

本来長期滞在旅行をするほどメリットがある制度ですが、

実質は、難しく短期の旅行を希望している人が、多いようです。

9月の連休、11月の紅葉シーズンも多いのですが、10月を

希望する人が一番多いですね。

混雑時期を避けて旅行を考えているようです。

 

まとめ


楽しく安心して旅行が、できるように一人一人の責任ある行動

をしていきましょう。

一刻もコロナ感染が収束する事を願うばかりです。

 

 

ネット予約で、海外旅行のトラブルと解決法

こんにちは、旅が大好きなトンチーです。

最初に応援ポチお願いします。


Facebookランキング

 

HISによる海外旅行申し込みとキャンセル

 

昨年12月から計画していた今年3月のシンガポール旅行

月日が近づくうちにワクワクしてしていた事を思い出しました。

2月ごろから、どうも雲行きが怪しくなる。

私たち夫婦は、念願のシンガポール旅行を今か今かと楽しみに

していたのです。

正直3月に入り、19日出発予定の直前まで、行く気満々でした。

しかし、13日ついに断腸の思いで、断念する事にしました。

本当にギリギリの決断でした。

コロナのバカやろー!

 

もし、行っていたら?

 

帰国後、世間の白い目にさらされながら、心を閉ざして生きていかなければ

ならなかったのかなと思います。

気持ちは、本当に行きたくてたまらなかったのですが、あとの影響を

考えるとゾッとします。やはり、行かないで良かったのかと思いま

す。

 

ネット予約のキャンセル料と旅費の返金額

 

昨年払い込みした約20万円の旅費のキャンセル手続き

普通旅行のキャンセル料は、どのくらいかかるのか下記を

参考にしてください。

旅行開始日の前日から起算してさかのぼって

・31日前まで:無料
・30日前~3日前まで:旅行代金の20%
・2日前(前々日)~当日の旅行開始まで:旅行代金の50%
・旅行開始後の解除または無連絡不参加:旅行代金の100%

GWや年末年始などのピーク期

・40日前~31日前まで:旅行代金の10%

ということで、私の場合旅行代金の20%かかります。

約4万円ですね。

素直にこれを差し引いた金額約16万円が、返ってくるという

わけです。

 

あろうことか?HISの2度にわたる送金ミス

 

私は、普段通帳は、妻に任せているので、旅行の振り込み金に関して

あまり気にしていませんでした。

今月7月になって、HISよりメールが送信されました。

手続きに不備があり、キャンセル(取り消料)を余分にお支払い

しているので、ご確認下さいとの事?

今頃になって、どういう事?3月にキャンセルしていました。

早速、通帳を確認してみると4月、5月に2度入金ありました。

なんで!なんで!相手側のミスで、こちらが、確認、送金をしないと

いけない手間、しっかり、してよ!と言いたい気持ち

何度かメールと電話によるやりとりがありました。

思いだしたラッキーな事

 

実は、私たちは、万が一、キャンセルした時の為に

保険をかけていました。

HISと提携の三井住友海上のキャンセルサポートに加入して

いました。

三井住友海上ラインの電話 0120-365-240 9時30分~18時30分

一人2000円の保険ですと、20万円まで、保証してくれるもの

だったのです。

H.I.S.キャンセルサポート 20万補償 2,000円

証券番号:証券番号はお客様の予約受付番号になります

これも自分たちで、直接電話して、手続きをしないといけません。

書類に必要事項を記入して、送付すれば、そっくりキャンセル料の

20%約4万円が、返ってくるというものです。

三井住友海上ライン キャンセルサポート

https://www.surpricenow.com/pdf/cxl_support.pdf
 

まとめ

 

あなたも旅行に行く時は、万が一のキャンセル料までを

想定して、旅行プランを考える事が、ベストと思います。

もし、海外旅行のキャンセルの場合、ちょっと保険を賭けて

置けば、キャンセル料まで、返ってくるからラッキーですよ!

だだし、自分で、保険会社に電話して、必要書類に手続きを

することを忘れないでくださいね!